キイロスズメバチ駆除は春が比較的安全です

刺された対処と対策

メンズ

キイロスズメバチの駆除を依頼する間、業者が駆除を行なうまでの間に被害が起きてしまったら的確な処置を行なうことで死者を出さずに済みます。駆除までの間は、警戒範囲に人を入れない工夫や警戒を周囲に呼びかけることが重要です。しかし、気が付かずに近づいてしまいキイロスズメバチに襲われることもあります。駆除が後手に回り、秋になってしまうとキイロスズメバチの巣は肥大化し、警戒範囲が拡大します。このとき、キイロスズメバチの巣では新しい女王を育てているためさらに攻撃性がアップするため大変危険なのです。もし刺された場合には冷静に処置を行ないましょう。焦りは心拍数を上げ毒の周りを早くする恐れがあります。まず、キイロスズメバチ1匹に刺されただけでは毒の量は致死量には至りません。しかし2回め以降になると抗体が体にあるため過剰防衛するアレルギー反応が起きるアナフィラキシーショックと呼ばれる症状が出ます。スズメバチに刺されて死に至る原因になっているのはこのアナフィラキシーショックによるものです。刺されてからは30分前後で嘔吐やめまいなどの症状が出る恐れがあります。まず刺されたらその場をゆっくり刺激しないように離れます。1度刺されるとその毒の中にキイロスズメバチの攻撃フェロモンが仕込まれていますので、多重攻撃を受けやすくなります。ゆっくりと離れましょう。次に、刺された場所をつまんで毒を出します。毒を出したら、洗浄消毒を行なう対処が必要です。迅速に救急車を呼ぶ方が良いでしょう。